本文へスキップします。

【参:カテゴリ】教えて!ワンダくん!

教えて!ワンダくん!

H1

安全運転中央研修所では、どんな人が教えてくれるの?(教官紹介)

お知らせ:表示

上原厚美教官(実技担当)「安全運転とは…?」

2009/03/19

「安全運転とは…?」

今 あなたがご覧のページは自動車安全運転センターのホームページです。そして、私はその自動車安全運転センター安全運転中央研修所、実技教官の上原です。しかし私は「安全運転」とはなんだろう…? どんな運転だろう…?といつも自問しています。実は明確な答えは未だ霧の彼方です。

「研修所の実技教官が安全運転とは何であるか解らないとは何事だ!」との批難の声はごもっともですが、今しばらくお付き合いください。 そもそも「安全」とはどのようなことか…? 辞書によると「危険がないこと」「危害・損傷・損害の心配のないこと」とあるように、その対極にある「危険」や「危害」を用いないと説明がつかないようです。安全運転も同様に「危険に近づかない」とか「危害・損傷の心配がない」という説明が今の私には精一杯なのです。

安全運転中央研修所は、これら運転における「危険」について実体験を通じて学ぶことのできる施設です。実態のない「安全」を伝えることは難しいですが、その対極にある「危険」には確実に実態があり、危険に近づかない運転は明確に説明ができるのです。

車両がその性能の限界を超えたときに、どのような挙動となるのか…? 運転者がその能力の限界を超えたときに、どのような間違いを犯すのか…? という命題に対し、実技研修では、実際の道路であれば確実に事故に至るような危険な状態を、あなた自身が実際にハンドルを握って体験的に学ぶことができます。また理論研修では車両特性を自動車工学の専門講師が、また交通危険学等は心理学の専門講師が知識からアプローチします。

運転における「危険」と真正面から向き合い「危険」を知ること。実はこれが「安全運転」に真正面から向き合うことなのです。あなたも安全運転と向き合ってみてはいかがでしょうか。ぜひ安全運転中央研修所にお越しください。お待ち申し上げております。

実技教官
上原 厚美

一覧をみる